テーブルとの組み合わせの難しさ

ローソファーを利用するメリット

ローソファーを利用するメリットとしては、まず床面との段差が少なくリラックス感が得られることが挙げられます。洋室でソファーに座っていても、畳の上でくつろいでいるような安心感があるのも人気の理由の一つなのではないでしょうか。また、ローソファーは見た目の圧迫感が少ないため、お部屋に置いたときに空間が狭く見えにくいというメリットもあります。この他にも、座面が低いことで、転落によるけがの危険性が少ないため、小さなお子様やペットのいる家庭でも安心して使えることなどがあります。

空間を広く見せつつソファーのくつろぎ感を味わいたい方、小さなお子様やペットのいるご家庭にとっては、ローソファーは便利であると言えるでしょう。

ローソファーを利用する際の注意点(デメリット)

ローソファーを利用する場合注意が必要なこと(デメリット)としては、床と座面の段差が小さいことで、かえって高齢者などがいるご家庭では段差につまずいたり転倒してけがをする原因となってしまう可能性があることが挙げられます。ヨチヨチ歩きのお子様などがいる場合も、目を離さないようにし、転倒には十分注意しなければなりません。

これ以外には、ローソファーはテーブルとの組み合わせが難しいということが、利用する際の注意点(デメリット)として挙げられます。お部屋に通常のソファーに合わせた高さのテーブルがある状況で、新たにローソファーを購入した場合、テーブルが高すぎて上に置いているものを取りにくく、食事や勉強などをするのは難しくなるケースもありますので注意しましょう。新たにローソファーの購入を検討しているのであれば、今ある家具との相性をあらかじめ確認しておきましょう。

ローソファーの通販購入をする場合は、必ずソファーのサイズを確認しましょう。通販では実物が見れない分、大きさのイメージを誤ると部屋に対して大きすぎるソファーを買う恐れがあるためです。